忍者ブログ
品性の欠片もないブログ
[284] [283] [282] [281] [280] [279] [276] [275] [273] [272] [271]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



11月
●真庭語:西尾維新【講談社BOX】
本家の刀語と同じく微妙。まぁでも刀語よりかは幾らかマシかな。
[☆☆☆]

●ラ・のべつまくなし:壱月龍一【ガガガ文庫】
この作者のデビュー作、Re:Aliveが相当やばかったんで、不安だったんだけど悪くなかった。
[☆☆☆]

●白山さんと黒い鞄3:鈴木鈴【電撃文庫】
コウの不幸体質についてちょろって触れたくらいだっけ?
本筋は殆ど進んでねぇよなぁ。
[☆☆☆]

●九罰の悪魔召喚術2:折口良乃【電撃文庫】
1巻と同じく、ありがちな学園ファンタジーモノ。
3巻打切りの気配がプンプンする。
[☆☆]

●ご主人様は山猫姫3:鷹見一幸【電撃文庫】
まーったく話題にもなりゃしないが、なかなか面白いと思う。
さすがはベテラン勢といったところか。
[☆☆☆☆]

●偽りのドラグーン2:三上延【電撃文庫】
主人公が自分の力を過信して、痛い目を見る、つーありがな展開だけど、ありがち故にキチンと書いてくれれば面白いのですよ。
[☆☆☆]

●オトコを見せてよ倉田くん!:斉藤真也【MF文庫J】
MFの新人だけあって、かなりキツいな。
[☆]

●あかね色シンフォニア:瑞智士記【一迅社文庫】
音楽系ラノベは、さよならピアノソナタっつー偉大な先駆者がいるので、どうしてもそれと比べてしまう。
あと女しか出てこない作品て、ラノベに限らず好きじゃねーんだよな。
[☆☆]

●ごくペン!:三原みつき【MF文庫J】
なんかやたらと高評価されてるんだけど、全然面白くなかったよ。
[☆]

●ディーは人型魔装具です。:淺沼広太【MF文庫J】
なんかダンジョンかなにかに挑むような話だった気がするけど忘れた。
[☆]

●よめせんっ!:マサト真希【電撃文庫】
他のレーベルのラブコメに比べりゃ全然よかった。
[☆☆]

●IS<インフィニット・ストラトス>:弓弦イズル【MF文庫J】
これぞMFの真髄。
作者は元々エロゲライターだっけ。確かにエロゲみたいな話だよね。
そこがいいんだよな!
MFでまとも本てゼロの使い魔以来な気がする。
[☆☆☆]

●夜と血のカンケイ。2:丸山英人【電撃文庫】
川原を除いた今年の新人の中じゃ、一番いいかも
[☆☆☆]

●ノーブラッド:布施文章【電撃文庫】
電撃スレでボロクソに言われてたけど、まぁほんと面白くなかったよ。
[☆☆]

●ぐらシャチ:中村恵里加【電撃文庫】
女性作家の本(というか文章)て基本的に好きじゃないんだけど、これは面白かった。
ただ、どうしても文章に違和感が残る。
[☆☆☆]

●クイックセーブ&ロード:鮎川歩【ガガガ文庫】
そんな悪くはなかったけど、トライ&エラー物は、紫色のクオリアとSteins;Gateという神が存在するので霞んで見える。
[☆☆]

●ハムレット・シンドローム:樺山三英【ガガガ文庫】
純文ぽい。
[☆☆]




12月
●僕の小規模な奇跡:入間人間【アスキー・メディアワークス】
いつも入間
[☆☆☆]

●アカイロ/ロマンス6:藤原祐【電撃文庫】
5巻のあのラストから、よくぞ綺麗にまとめたと言いたい。
多少急ぎ足だった感も否めないが、それも勢いのあるままラストを迎えたという長所として取れる。
全巻を俯瞰して見てると、伏線の回収なんかも見事だし、よく練られた物語という印象。
本当に面白かった。
また、登場するキャラたちも、魅力に溢れていて、特にメインヒロインの一人、灰原吉乃は、今後これを越えるキャラとか生まれるの? というくらいのレベル。
いや、萌えるとかそういう話じゃなくてな。本当に『良い』キャラだった。
短編集出て欲しいな、マジで。
[神]

●機巧少女は傷つかない:海冬レイジ【MF文庫J】
MFなのに全然読めるレベル。
まぁ他レーベルでも書いてる作者だしな。
あとはるろおのイラストが非常にいい。
ドラマCDが出ることも決定してるし、MFの編集部はこれをプッシュする気満々に見える。
[☆☆☆]

●ソードアート・オンライン3:川原礫【電撃文庫】
相変わらずキリトがチートで吹く。
たまにはこういう主人公もいいよね。
[☆☆☆☆]

●クロノ×セクス×コンプレックス:壁井ユカコ【電撃文庫】
すげー面白かった。
ハリーポッター×性転換モノってな感じだろうか。
女性作家の本は好きじゃないとか、女しか出てこない話はつまんねぇとか言ってる俺だけど、これは認めざるを得ない。
[☆☆☆☆☆]

●ラグナ・クラウン:三門鉄狼【MF文庫J】
主人公のキャラデザがありえないくらいダサかったのを覚えてる。
[☆]

●土属性はダテじゃない!:葉原鉄【一迅社文庫】
空気みたいなもん
[☆]

●スプリング・タイム:蕪木統文【ガガガ文庫】
話自体はそこまでクソじゃないけど、キャラにどうしようもなく魅力がなくて駄目
[☆]

●マギ・ストラット・エンゲージ:松山シュウ【電撃文庫】
よくありそうな現代ファンタジー。
だが、ヒロインがとても可愛い。
こういう真面目で勤勉なヒロインって最近みないよなぁ。
[☆☆☆]

●マギ・ストラット・エンゲージ2:松山シュウ【電撃文庫】
相変わらずヒロインのルルーラが可愛い。
[☆☆☆]

●テツワンレイダー:大楽絢太【富士見ファンタジア】
なんかあとがきで、伏線を散りばめた計算高い物語を書きたいとかなんとか言ってたけど、これを読む限りではこの作者にはそんな力量はなさそうだ。
[☆☆]

●める@れい:南雲裕貴【一迅社文庫】
駄目だこりゃ。
大体ヒロインがムカツクだけなんだけど、なにこれ、もしかしてツンデレのつもりか?
[☆]

●円環のパラダイム:瀬尾つかさ【一迅社文庫】
世界崩壊モノというか、世紀末モノというかそんな話。
案外悪くはなかった。
[☆☆☆]

●月見月理解の探偵殺人:明月千里【GA文庫】
メフィスト系かな。
電撃やガガガじゃなく、GAからこんな本が出るとは驚きだ。
同じメフィスト系でも電撃の『鷲見ヶ原うぐいすの論証』なんかと比べると、さすがに弱いかな。
[☆☆☆☆]

●コトノハ遣いは囁かない:木村航【MF文庫J】
つまらなかったのは覚えてるんだけど、詳しい内容が思い出せない
本当に面白くなかったんだろうな
[☆]

●ゴミ箱から失礼いたします:岩波零【MF文庫J】
まぁ駄目だね
[☆]

●竜王女は天に舞う:北元あきと【MF文庫J】
これといった特別な点もないファンタジーだけど、MFの中じゃ読める方。
つーかこれが佳作でゴミ箱が優秀賞か・・・。
昨日読んだ最優秀賞も駄目だったし、MFの新人賞はよく分からん
[☆☆☆]
PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[01/29 ひやむぎ]
[09/02 アサミヤ]
[07/04 kunusoちゃん]
[03/19 アサミヤ]
[03/15 kunusoちゃん]
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]