忍者ブログ
品性の欠片もないブログ
[275] [273] [272] [271] [270] [269] [268] [267] [266] [264] [263]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



・電波男と青春女:入間人間[★★★]

お祖母ちゃんと一緒に、お祖父ちゃんの墓参りに行こう。
墓前で伝えるべきことは、既に決めてあった。
それは私が、たくさんの人と別れながら、それでも今生きていることの報告。
わたし、、四十歳になった。

悪くはないんだけど、俺の好きなタイプの話じゃないなぁ。
11月に3巻出るみたいだけど、もうスルーでいいや。




・アカイロ/ロマンス5:藤原祐[神]

私だって、人並みの恋くらいするのだ。
愛し方と愛され方は、普通の人とは少し違うとは思うけれど。

ここにきて、怒涛の伏線の回収。
繁栄派の目的、反乱の夜の真実、つうれんの能力、そして景介が幼い日に出会った少女の正体が、全て一本に繋がる様は見事の一言。
終盤の最悪な状況に、さらに最悪な展開をぶつけて、景介たちを絶望のどん底に叩き落す展開は、今まで温い展開だった分、ズシンと来たわ。さすがは電撃の黒い太陽。
スクイズみたいに安易な愛憎劇ではなく、純愛劇に仕立ててるところも好印象。
アカイロ/ロマンス(血みどろ恋慕)のタイトルに相応しい一冊だった。
『神栖麗奈は此処に散る』以来、2年ぶりの神ランク。




・電波的な彼女3:片山憲太郎[★★★★]

誰でもみんな思っている。
幸せになりたい。
わたしは、幸せになりたい。

ジュウはなんだかんだでいい奴なので、萌えますね。




・紫色のクオリア:うえお久光[神]

毬井ゆかりは、ニンゲンがロボットに見える。
それは、どうしても変えることのできない彼女の絶対条件。
――そしてあたしは、そんな彼女の友達。

こういう作品が出てくるからラノベ読むのはやめられん。
こういう作品を書ける作家がいて、それを出版できるところが電撃の強いところじゃねーかな。
それにしても、1ヶ月に2作も神ランクが出るとは。




・まじ×どら:[★★]
シャナ(ヒロインの容姿)+とらドラ(タイトル名)で吹いた。
内容はどこにでもありそうなテンプレ。




・司書とハサミと短い鉛筆2:ゆうきりん[★★]
1巻読んで駄目だと思ってたんだけど、やっぱり2巻も駄目だったわ。
ただイラストがスゲーいいんだよな。
フィフかわいいよ、イラストだけは。




・俺の妹がこんなに可愛いわけがない3:伏見つかさ[★★★]
今回は主人公がルルーシュの真似しなかったから駄作。
そろそろ飽きてきたし終わっていいよ。




・アクセルワールド2:川原轢[★★★★]
相変わらず結構面白い。
ここ数年の大賞作家の中じゃ一番の当たりじゃないだろうか。
ただイラストがなー。
もうちっとサイバーチックだといいんだが。
もうさ、イラスト:川上稔、で出せばよかったんじゃないかな!
無理ですか、そうですか。
あと、この作者の信者がとてつもなくうざいんだが、誰かなんとかしてください。まじ月厨並だ。




・ロウきゅーぶ!2:蒼山サグ[★★]
一発ネタで終わらせたほうがよかったんじゃねーか。
あと、イラストがあまりにも下手糞すぎて作者が可愛そうになってくる。




・ご主人様は山猫姫2:鷹見一幸[★★★★]
電撃スレでさえさっぱり名前が出てこないくらい影が薄いけど、地味に良作だと思うんだよね。
多分イラストとタイトルが悪い。



・9S<ナインエス>6、7、8、9、SS:葉山透[★★★★★]

『すべておまえの思惑通りに進んでいたら、今後もおまえはすべてを背負う。だがおまえ一人の力では何もできない。何も解決しない。おまえは無力で弱い存在だ。そのことを自覚しろ。おまえは特別でもなんでもない。たった一人の人間だ。全部背負おうなどと、おこがましいことを考えるな。あまり大人をなめるな』

上は伊達が由宇に言ったセリフだけど、ホント伊達はかっこいいすね。
それにしても、ついに最新刊に追いついちまった。
今月に10巻出るからそれはいいとして、その後はリアルタイムで読まないといけないんだよなぁ。
いや、待ってるときも、それはそれで面白いんだけどさ。




・夜と血のカンケイ:丸山英人[★★★]
15期新人。
賞取ってない新人の中じゃ、一番良かった。



・鷲見ヶ原うぐいすの論証:久住四季[★★★★★]

「『神は平等である』。だからこそ、誰にも応えず、救わず、施さない。少なくともこの世界――現世や終末の手前ではそうすることに決めたのです。ああ、これぞ神であるがゆえの自縄自縛」

他でも言われてたけど、西尾維新+京極夏彦+森博嗣な印象。
今更感のある作品ではあるけど、電撃でこれをやる、ってところは新鮮だったかな。
それにしてもうぐいす可愛すぎ。
PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[01/29 ひやむぎ]
[09/02 アサミヤ]
[07/04 kunusoちゃん]
[03/19 アサミヤ]
[03/15 kunusoちゃん]
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]